田中 敬介

 僕が地球物理グループに入ったワケ。それは至って単純で、以前から地震に興味を持っていたからです。そのきっかけとなったのが、1995年の兵庫県南部地震です。当時その地震のニュース映像を見ていると、そこには家族を失った人、また、家族が見つからない人、避難生活に疲れた人、様々な人たちの悲しい顔、つらい表情が映し出されていました。もしも僕の家族、友人がこのような出来事に巻き込まれたら…と考えると怖くて仕方がありませんでした。しかし、実際はこの体験をしている人が非常に多く存在しているのです。そのような映像を見ていろいろ考えているうちに、このような悲惨な出来事が少しでも緩和できないものか、地震をもっと知ってみたい、そのようなことを考えるようになりました。

 と、まぁそんなことを考えていたものだから、研究室を選ぶときはやはり地球物理グループを選んだのです。地震を学ぶためにはここが一番ですから。

 実際に研究室に入ってみると、地震によくふれることができます。それも一般的なものではなく、専門的な、それもかなり奥の深いところまで。とっても難しく感じるけれど、楽しい、そう感じています。今まで持っていた知識、また、今まで持っていた見方とは違った考え・視点を学んでいるので、今まで以上に地震に対する興味は大きくなっているような気がします。地球物理は面白いですよ♪