清水里美

私は他の人のように、何の研究をしたいという明確な理由があって、地球物理学を選んだわけではありません。ぎりぎりまで他のところと迷っていました。というか、自分のやりたいことがなかなか見つかりませんでした。なので、地球物理学を選んだ理由は、正直あやふやなものです。三年生の時の地学実験Cの、特に対流の実験がおもしろかったので、なんとなく決めてしまいました。私は物理が苦手なため大変ですが、それは自分の努力でカバーできることだと思います。実際に論文を読み始めてみると、難しいですが興味深いこともたくさん書いてあるので、自分が実際に研究を始めたら、もっとおもしろくなってくるのではないかと期待しています。どの分野でも言えることですが、本当のおもしろさというのは深く勉強したり、実際に研究を始めたりしないと分からないと思います。だから、ぎりぎりまで迷っていて、こんなことがしたいという明確な理由はなくても、いずれは見つかると思うし、あせる必要はないと思います。