卒業論文

2017年卒業

25. 橋本佳菜:結晶を含むマグマにおける脱ガス過程のモデル実験

2016年卒業

23. 高橋大地:マグマだまりの固化全過程:モデル実験によるアプローチ

24. 水野萌:低浸透率層を含む二層系の液状化実験:層厚依存性

2015年卒業

22. 船屋佳佑:鉛直振動下における斜面崩壊の実験:加速度・周波数依存性

2014年卒業

20. 竹口いずみ:粘弾性母岩中におけるマグマ輸送のモデル実験:粘性率依存性

21. 林康介: 粉粒体斜面に対する衝突クレータリング実験

2012年卒業

18. 田中駿也:溶岩のレオロジーと溶岩流の速度・形態との関係:モデル実験によるアプローチ

19. 安田奈央:衝撃による液状化と流体輸送の実験的研究:浅部の低浸透率層の影響

2011年卒業

16. 内田浩美:粉粒体柱底部の圧力測定-小惑星内部の圧力分布を知るための基礎実験

17. 瀧田晴菜:衝突クレータリングにおけるターゲットレオロジーの影響

2010年卒業

14. 柴野靖子:部分溶融層におけるメルト上昇のモデル実験

15. 坪田創:粉粒体を用いた固着滑り‐安定滑り遷移の実験

2009年卒業

13. 太田ゆかり:脆性・延性の遷移領域におけるマグマ上昇の実験的研究

2008年卒業

12. 澁谷史:高粘性流体中の粉粒体柱崩壊過程に関する実験的研究

2007年卒業

10. 北村翔吾:フラクタル次元を用いたプルーム進化のモデル実験

11. 小林宰:室内火山モデルによる脱ガス過程のモニタリング

2006年卒業

8. 長山泰淳:気液混合系の音波特性

9. 東直矢:回転型粘性率計を用いたスティックスリップ運動の実験

2005年卒業

5. 岡島俊之:相境界域の物性測定:内核・外核境界の散乱体

6. 佐野ゆう子:ダイアピルの上昇に伴う地形の形成

7. 清水里美:マグマの脱ガス過程のアナログ実験

2004年卒業

4. 佐藤美寿々:不混和2相混合物の相分離過程

2003年卒業

1. 岡本建人:D"層におけるダイナミクスと地震波速度異方性の関係

2. 松本なゆた:境界熱流量不均一によって発生するプルームとマントル対流との相互作用

3. 道岡弘樹:粉体を含む粘性流体におけるレイリーテイラー不安定の実験とその解析

修士論文

2017年修了

16. 船屋佳佑:鉛直振動下における粉粒体斜面の不安定性

2016年修了

14. 竹口いずみ:粘弾性母岩におけるマグマ輸送のパラメータ依存性

15. 林康介:粉粒体斜面に対する低速度衝突クレータリング実験

2014年修了

12. 田中駿也:溶岩のレオロジーと溶岩流の速度・形態との関係:モデル実験によるアプローチ

13. 安田奈央:鉛直加振による粉粒体・液体系の液状化実験:火炎構造形成条件の制約

2013年修了

11. 瀧田晴菜:衝突クレータリングにおけるターゲットレオロジーの影響

2012年修了

9. 柴野靖子:マグマ貫入場における熱浸食によるメルト上昇のモデル実験

10. 坪田創:動的断層モデルの応力・電気挙動の関する基礎的実験

2010年修了

8. 澁谷史:湿った粉粒体物質を使用した地すべり・崖崩れの実験的研究

2009年修了

5. 北村翔吾:乱流プルームの形状進化:実験的アプローチ

6. 小林宰:粘性流体中の気泡の振動・破裂で発生する空振の実験的研究

7. 長山泰淳:気泡を含む高粘性流体の速度・減衰特性とマグマへの応用

2008年修了

4. 東直矢:回転型粘性率計を用いたスティックスリップ運動の実験

2006年修了

3. 佐藤美寿々:液相不混和二相系における相分離様式の遷移メカニズムの粘性率依存性について

2005年修了

1. 松本 なゆた:境界熱流量不均一によって発生するプルームとマントル対流との相互作用

2. 道岡 弘樹:粉体を含む粘性流体のR・T不安定とそのレオロジー

*** 卒業後の進路 ***

学類(学部)卒業(25)

就職:出版(1)、食品(1)、公務員(市役所:1)

進学:金沢大学大学院(19)、名古屋大学大学院(1)、東京大学大学院(1)、静岡県立短大(1)

 

修士(博士前期課程)修了(16)

就職:情報関連企業(5)、公務員(気象庁:3)、国立研究開発法人(産総研:1、JAXA:1)、製造業(非鉄金属:1、住宅:1)、地質コンサルタント(1)、素材関連企業(1)、教員(高校理科:1)

進学・就職:博士後期課程・情報関連企業(1)