Yoshihiro Hiramatsu

研究分野・研究テーマの紹介

研究分野は地球物理学、そのなかでも地震学を専門としている。興味のあることを簡単に書けば、「地震はどこでどのように起こるのか?」「地球の中はどうなっているのか?」「地震予知はできるのか?」である。地震学の研究は大きく分けると、地震現象そのものを対象とした研究と地震学を手段とする地球の構造の研究の2つに分かれる。さらにそれらを分けていくときりがないので、本研究室で行っている研究を紹介すると、地震震現象そのものを対象とした研究としては、地震の初期破壊過程、震源メカニズム、スケーリング則の研究、また地震発生場の変動のモニタリングとして地殻の不均質性による地震波の散乱環境や地震波速度異方性の時空間変化の研究がある。地球の構造の研究としてはマントル(上部・最下部マントル)の地震波速度異方性、白山火山下の構造の研究を行っている。ほかにも重力異常を使った活断層の研究やレユニオン滞在中に手掛けた火山性微動の研究がある。他にも、月の衝突盆地の研究や「はやぶさ」地球帰還に関連した研究も行っている。これらは一見ばらばらのようであるが、実は奥深いところで関連しており、先の疑問の答えを与えてくれる...と言いたいところだが、実は分からないことが多い。このような興味を共有できる学生を待っている。

卒業研究テーマの決め方

本人の希望がとくになければこちらが用意した(つまり私がおもしろい、知りたいと考えている)研究テーマを、希望があればできるだけそれに近い研究テーマを選ぶ。とはいえ、データの有無などの理由により必ずしも希望を満たせないこともある。研究手法としては地震学的方法を用いることが多いが、地震や地球の構造の研究においては測地学的手法(重力・GPS)も重要であり、そのような手法を用いた研究テーマで卒業研究をすることも可能である。また、本学大学院への進学希望の有無も研究テーマを選ぶ時の要素になるので、4年生進級時には本学大学院へ進学するか否かを決めておいた方がよい。

卒業研究をするためには

地球物理学系の授業、計算機の授業はかならず履修しておくこと。基礎的な物理学、数学を理解していることが望ましく、研究結果について議論する際には地質学、岩石学、鉱物学の知識が必要になることもあるため、幅広く講議を受講すると後々役立つことがある。地球物理学というと室内でコンピュータに向かって研究をしているようなイメージがあるかもしれないが、研究テーマによっては野外での観測が中心になることもある。そのような研究テーマを行うためには重たい機材を運搬する体力が必要である。したがって、コンピュータおたくの人から体力勝負の人まで卒業研究可能である。

その他

地球物理グループでは指導教員の区別なく様々なゼミや飲み会が行われている。過去の例から言うとテクニカルな問題については研究分野・指導教員の区別なく院生諸君が指導してくれる。なお地球物理グループでは「M2の12月はAGU(サンフランシスコ)で学会発表をする」という壮大な計画がある。大学院への進学を考えているのなら、3年後に大平洋を越える意欲のある人を希望する。ちなみに4年生の12月には富山大学と合同で卒論プレ発表会がある。

  平松研究室のページへ戻る  地球学科のページへ戻る